読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わざわざ残す必要もないことを整理とか気にせずに吐き出していく。そんな空間。

ポリガミーのすすめ

最近ちょっと良い感じなので、ここらで。

ポリガミーとは

 恋愛,結婚とは1人対1人で行うものである、という考え方。これがモノガミー。そうじゃないのがポリガミー。すごく簡単。たまにポリガミー=一夫多妻制とかわけわからん訳語がつくときもあるけど、そうじゃない。そうだとしても認めない。

 ポリガミーってのはあくまでイデオロギーの問題であって、それに賛同するかどうかは自由だ。モノガミーもイデオロギー。常識とかルールとかじゃないんよ。まずはその辺のことから理解してもらわんと困る。浮気=絶対悪って発想の人とは仲良くなれそうにもない。

ポリガミーのすすめ

 ポリガミーってこんなに素敵だよ、って話。というかモノガミー批判。モノガミーってさ,どうしても「不自然」なのよね。好きとか恋とかってさ(こういう語り口で始めると臭くなるのはどうにかならんのか…),まぁとりあえず好きとか恋とかってさ,能動的にする、ってもんじゃないじゃない? 気づいたらしてるじゃん?食べるとか走る、みたいに積極的にしか出来ないってもんじゃないじゃん?それを縛るってのはどうにも不自然。

 少なくとも自分は,誰かと付き合っていようが,結婚していようが,誰か別の人に恋するって事は十分にあると思う。その可能性は絶対に否定出来ない。ソレを理性で縛るのがモノガミーであり文化なのだと言われれば、確かにそうなのかもしれないけどそれって本当に正しいのかしらん?

 モノガミーってのは「不自然」な状態であり,それを「自然に」維持しようとするためにはたゆまぬ努力が必要になってくる。それって凄く大変なことだし実際いろいろ問題も出てくる。だから結局みんな「モノガミー」に賛同しつつも「浮気」しちゃうって現実がある。みんな浮気したいんじゃん?なら浮気すればいいじゃん。

 ポリガミーならそこんところを綺麗に解決してくれる。ポリガミーの世界では浮気なんて何の悪徳でもない。「浮気って何がいけないの?」って感じ。それでいいと思うんだ。そもそも「約束」が存在しないんだから失われる「信用」も存在しない。できもしない約束なんかしちゃうから破綻するんだよ。

モノガミーだから浮気しない、という考え

 モノガミーだから浮気しない。ソレで満足かと問いたい。

 こと世間では恋愛というものにおいて「比べて実感してください」の精神が皆無。どうしてみんなソレを忌避しようとするのか。比べてもらえばいいじゃない?恋は盲目なんて言うけどさ,そりゃ最初は盲目だよ。いつだって恋愛の始めの時ってのはそんなもんじゃない。んでもさ、いつまでも盲目の状態が続くわけがないじゃん。ならちゃんと比べてもらわないと。バンバン浮気してもらわないと。

 世間で浮気というやつがなぜこれほどまでに禁忌とされているのか,ってのが全然理解できない。別れたくない? 浮気して別れる位ならハナから諦めればいいじゃない。浮気程度で破綻するような恋愛なら,もっと早くから破綻してくれたほうがマシ。こと結婚なんてのは生活と大きく関わってくるんだからさ。浮気の10回程度はしてもらってから出ないと安易にそんなもんには手が出せないよ。

浮気で何を失ったか?

 浮気で失うものなんて,実際のところは何もないって思うんだけどね。浮気で失うというかさ,それは最初っからなかった幻想なんだって事。パートナーを永久に家の中に監禁して他の人間を見させないようにするって環境ならまだしも,他者とのつながりなんて奴は無限に存在して不可避なもの。それを無理に束縛して何かを守ろうとする、なんて姿勢はお粗末だと思うんだよね。

 むしろ、浮気して初めて分かるパートナーの良さとかさ、そういう「浮気の長所」って奴をもっと積極的に捉えていって貰いたいものです。

 浮気される長所

  • 飽きられないにがんばろう!!という気になる(相手をないがしろにしなくなる程よい緊張感)
  • 自分が提供出来ない類の要素でパートナーが満足を得てくる(不満を貯めこませずにすむ)
  • 他の人はこうしてくれる、等の話って結構参考になる。

 浮気する長所

  • 新しい関係性の構築で,初めての頃の気持ちを定期的に再確認できる。
  • 他人と比べてパートナーの良さ悪さを再確認できる。
  • なんでもかんでも一人のパートナーに求める事がなくなる。不満がたまりにくくなる。

スーパーマンにはなれない…

 やっぱりスーパーマンにはなれない。なんでもできる、なんてのは幻想の話で、自分も相手もやっぱり足りない話をすればきりがない。もっとこういう人が良かった,ああいう人が良かった…とかね。それでもやっぱり一緒にいる、って事を大事にしようって思えるのは,相手になんしかの魅力を感じてるって事。過小な選択肢は減点方式の評価体系に繋がるが,十分な選択肢は加点方式の評価体系を促進するって事。

 浮気は文化だ、とか言うつもりもないけど、じゃあモノガミーって文化なんかい?と言われるとそうでもない気がする。んまぁなんというかさぁもうちょっと自由に生きてもいいんじゃないの?って話(書いてみたものの上手い結びもオチも思いつかなかったのでこのへんで)。